【オリジナルTシャツプリント】生地・ボディの選び方

オリジナルのプリントTシャツを作成する際は、はじめに「Tシャツ生地(ボディ)」を選ばなくてはいけません。Tシャツプリント用のTシャツ生地選ぶとき、素材の種類や特徴は?重さは?編み方は?など、素材に注目することはとても重要なポイントです。

Tシャツの生地と一言でいっても、実際はたくさんの種類があります。Tシャツ生地の種類や特徴などを知っておくことで、用途に合った適切な生地を選ぶことができますし、着心地がよく、快適に過ごせるプリントTシャツを作ることができます。

今回は、TシャツプリントをするためのTシャツ生地(ボディ)選びで迷っている方向けに、オリジナルTシャツプリントの生地についてまとめていますので、ぜひご活用ください!

Tシャツプリント生地の素材の種類と特徴について

オリジナルのプリントTシャツを作るにあたり、Tシャツ生地(ボディ)の素材はさまざまな種類から選ぶことができます。
Tシャツ生地の素材の種類はたくさんあり、生地によって特徴やプリント可能な印刷方法などが異なります。自由度の高い生地選びですが、その反面、はじめの方にとっては選択肢が多くて迷ってしまう・・・といったケースもあります。

そこでまずは、Tシャツプリント用の生地の素材の種類と、それぞれの素材の特徴について紹介します。

・型くずれしにくい「綿(コットン)」

綿(コットン)は、昔も今も多くの人に親しまれている定番素材です。染色に優れた綿素材のTシャツ生地には、デザインやロゴを直接プリントするインクジェットプリントが多く採用されています。

綿100%の素材はリーズナブルなうえ頑丈なため、繰り返し着用しても洗濯をしても型くずれしにくいことが特徴です。肌触りや吸水性に優れているため、快適な着心地でTシャツとしてだけでなく、下着などのアイテムとしても使用されています。

吸水性の高い綿は、汗をかいたときに少し乾きにくく、乾いたあとにベタつきやすいといった弱点があります。性質上、色が染みやすいため染色に便利な反面、汗をかいたときに色シミが発生することがあります。

保温性に優れている綿を使ったプリントTシャツは冬場の寒い時期にもぴったりです。夏場に使用する場合は、あまり汗をかかないイベントや、冷房の効いた場所での着用におすすめです。

通気性がよく乾きやすい「ポリエステル」

ポリエステルは、通気性や速乾性に優れている素材です。スポーツイベントや運動をしたときに汗をかいても、乾きやすく・快適な着心地を保つことができます。ポリエステル100%のTシャツプリント用生地は、耐久性にも優れていることから摩擦に強く、気軽に洗濯しやすいといったメリットがあります。

一方、石油を原料としているため、ハリやコシがあり、肌触りでは綿100%に劣ります。洗濯をしてもシワはできにくいのですが、毛玉がでる・染色がしにくいといった弱点もあります。また、ポリエステル100%の生地にフルカラー転写プリントをした場合、プレス圧着した際のプレス痕が残ることがあるので注意が必要です。

複数の素材をブレンドした「混合素材」

混合素材は、綿やポリエステルなどの素材を複数ブレンドして作られた素材です。プリントTシャツの素材としては、ドライと呼ばれることが多く、綿の着心地の良さと、ポリエステルの通気性と吸汗速乾の割合がバランスよく配合されています。
たとえば、夏場に着るためのプリントTシャツや、汗をかく場面で着るプリントTシャツとしては、綿45%・ポリエステル55%のTシャツがおすすめです。

混合素材の中には、綿とポリエステルにレーヨンという再生繊維を組み合わせたトライブレンドと呼ばれる素材もあります。トライブレンドは柔軟性に優れていて、着心地の良さと肌触りの良さが抜群の素材である一方、耐水性が低く、生地が縮みやすいといった特徴があります。

Tシャツプリント用の生地の重さについて

デザインやロゴを印刷するTシャツ生地の素材やそれぞれの特徴がわかったら、次に「生地の重さ」に注目してTシャツプリント用の生地を選びましょう。

Tシャツプリント用の生地の重さとは?

Tシャツプリント用の生地は、それぞれ「重さ」が異なります。Tシャツの生地を選ぶときに、アイテム詳細ページに「oz(オンス)」が記載されていますが、これがTシャツ生地の重さを表す単位です。生地の重さの表記であるoz(オンス)は、1oz=約28.35gです。Ozの単位が大きくなればなるほど生地の重さ・厚みが増します。

3oz~4ozの薄い生地は価格がリーズナブルです。重量も軽いので着心地もいいですが、選んだ生地の色によってはTシャツの中が透けるといった弱点があります。
6oz以上の厚みのある生地は洗濯を繰り返しても型くずれしにくく、耐久性の高さも魅力です。1枚で着ても透けないプリントTシャツを作りたいときは、なるべく厚みのある生地をおすすめします。

Tシャツプリント用の生地の厚さ選びで迷ったら、5.6ozの生地をおすすめします。定番の厚さとされる5.6ozは、品質も抜群で透けにくく、薄すぎず・厚すぎないバランスの良さが最大の魅力です。

Tシャツプリント用の生地の編み方について

Tシャツプリント用の生地選びをしている際に、生地の素材や厚みの他によく目にするのが「生地の編み方」に関する表記です。
カットソーは、ニット生地を裁断して縫製した衣服の総称です。ニット生地にはさまざまな素材があり、種類によって着心地や機能性、仕上がり後の風合いなどが異なります。

天竺(てんじく)

平編みの一種である天竺は、最も基本的な編み方です。Tシャツの多くは天竺でできていて、表面の網目がV字型で裏側の網目が半円形になっているのが特徴的です。

鹿の子(かのこ)

重ね網みと表編みで作られる生地で、表面が子鹿の皮のように凸凹としています。平編に比べて横方向への伸び縮みが少なく、吸湿速乾性に優れているため、ポロシャツやスポーツウェアなどで使用されることが多いです。

ハニカムメッシュ

凸凹のある立体的なハニカム(蜂の巣編)のような編み目が特徴です。メッシュ素材を使用しているため通気性に優れ、さらっとした肌触りと吸汗速乾性が高い機能的な生地です。汗をかいても着心地がよく、汗が乾いたあともべたつかないことから、スポーツや夏の暑い時期にもおすすめです。

ポリエステルメッシュ

ポリエステル100%のメッシュ生地です。薄く・軽く・速乾性に優れている素材で、さらっとした着心地の良さと通気性の良さが特徴です。Tシャツやポロシャツの素材として人気で、細かな凸凹と爽やかな透け感があることからスポーツにも最適です。

フライス

よこ編みの1つで、横方向への伸縮に優れた編み方です。タイトなカットソーや肌着、プリントTシャツの襟などに使用されることもあります。季節を問わず着られる素材としても人気があります。

Tシャツプリント向けのTシャツ生地(ボディ)の種類や特徴などについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。Tシャツプリント向けのTシャツ生地選びに迷ったら、今回紹介した内容をぜひご活用ください!

Tシャツ生地の素材には、それぞれメリットやデメリットがあるので、プリントTシャツの用途や利用する環境に応じて、適切な素材を選ぶことが大切です。プリントTシャツ作りをする際は、生地の素材のほか、生地の重さや編み方にも注目するのが失敗しないTシャツ選びの基本です。